ガーミン 10J ペース表示形式の選択方法


ペース表示の調子が悪くなった。と思ったら初期化リセット実行後に表示設定も初期値に戻っていたからでした。設定変更は以下の通り、簡単です。

左上 電源ボタン

右上 トレーニングボタン

右下 スクロールボタン

左下 戻るボタン

 

ペース/速度 表示形式の選択

  1. メインページを表示
  2. 右下でトレーニングオプションを選択、右上で決定
  3. 右下でソクドヒョウジを選択、右上で決定
  4. 右下で好みの表示形式を1つ選択、右上で決定

 

ソフトのver2.1以降、選択肢が4つ増えて計6パターンになりました。サブフォーペースのキロ5分30秒をで覚える為にヘイキンペースがおすすめ。

 

ペース

そのときののペースを表示。(分/km)

 

ラップペース

現在のラップのペースを表示。(分/km)

 

ヘイキンペース

トレーニング全体のペースを表示。(分/km)

 

スピード

そのときのスピードを表示。(km/時間)

 

ラップスピート

現在のラップのスピードを表示 (km/時間)

 

ヘイキンスピード

トレーニング全体の平均スピードを表示。(km/時間)

 

データーページの表示設定も調整

  1. メインページを表示
  2. 右下でトレーニングオプションを選択、右上で決定
  3. 右下でデータページを選択、右上で決定
  4. 右下で好みの表示データを選択、右上で決定。

 

ページ1用とページ2用、2種類を下記6パターンから選択できます。

  • [タイム/キョリ]
  • [タイム/ペース]
  • [タイム/カロリー]
  • [ペース/キョリ]
  • [ペース/カロリー]
  • [キョリ/カロリー]

データページの選択肢には”ペース”と表示されますが、先に選んだヘイキンペースなどの形式で表示されます。

 

これだけで快適ランニング再開。ペース確認を頻繁にしすぎてしまう習慣も治さねば。

 

 

 

 

 

  
シューズ
大会、アイテム、他
ランニング本