納豆の栄養効果を再確認、1日1パックで健康に!

走りたくない日もあります。それに比べて1日1パックの納豆はどうでしょう?


毎日10kmのランニングは容易ではなく、走りたくない日もあります。それに比べて1日1パックの納豆はどうでしょう?栄養効果はもちろん、手軽さにも優れた健康食品である納豆を調べてみました。

nattou

 

納豆のすごい栄養効果ベスト3

整腸効果

食物繊維と納豆菌による整腸効果を期待できます。便秘や下痢の解消によるダイエット効果はもちろん、整腸効果は体調全体にも好影響をもたらし、健康的な日常生活にも繋がります。

また、整腸効果による免疫力の向上も期待できます。腸には体に良いものと悪いものを判別し、良ければ吸収し悪ければ廃棄するという重要な役割があり、腸が第二の脳と呼ばれるゆえんです。

 

美肌効果

若返り成分ポリアミンによる美肌効果を期待できます。ポリアミンとは細胞分裂やタンパク合成を助ける力がありながら加齢とともに少なくなるものらしく、摂取することで若返り効果があるようです。

体感できていませんがじわじわ効いているものと信じたいところです。ポリアミンは正確には納豆に含まれる納豆菌に含まれるようです。納豆菌は整腸効果に限らずパワフルで頼もしいです。

 

体づくり効果

大豆からできる納豆にはタンパク質が多く含まれており体づくり効果も期待できます。

大豆が主原料な納豆に含まれるのは植物性タンパク質になります。動物性だけでタンパク質の摂取量を増やすことは困難な為、それを補うことができる植物性タンパク質を含む納豆は本当にパワフルです。

 

食べ方

ストレートで夜1パックが基本

パックのままがヨーグルト感覚で手軽、後片付けも楽です。調理例としては、ごはんに納豆、味噌汁納豆、カレー納豆、オムレツ納豆、キムチ納豆、マグロ納豆、とろろ納豆、オクラ納豆。発酵食品やネバネバ食品の組み合わせが有名ですがなんでも有り、試す勇気次第です。

 

食べるタイミングは夜が良いのか?

ナットウキナーゼによる血液サラサラ効果を活かせるかもしれないから。ナットウキナーゼの効力が続くのは10時間ほど。血栓ができ易い就寝中のその恩恵を得られるという考えからのようです。

いやいや、納豆は朝食では?と思う方、朝に食べたければ朝に食べましょう。大差は無いです。

 

適量は1日1パック

納豆に含まれるセレンを摂り過ぎると害をもたらすようです。2パック食べたところで大きな問題は無いかもしれませんが、何事も適量が適度で適切、食べ過ぎは控えましょう。

 

混ぜる回数を増やした方が栄養は増えるのか?

信じられません。ネバネバ度合いが変わるだけだと思います。混ぜる回数は好みに応じてご自由に。

 

熱に弱い

ナットウキナーゼは熱に弱いらしい。どのくらいの熱かはわかりません。

 

ひきわりよりも大粒の方が栄養豊富

大きい方が含まれる量が増えるとは思いますが。。。

 

納豆の選び方

価格に関しては100円で3パック買えるものが多く、高級納豆にしても200円あれば十分です。選び方のポイントはタレと粒の大きさになると思います。

おすすめは おかめ納豆 国産 中粒納豆、タレが好みです。セブンイレブンの小粒納豆もコンビニで買える利便性と価格の納得感、その上、納豆ひとすじのあづま食品さんの品質で満足できます。

種類が揃っているのはやはり大型スーパーです。色々試して好みの納豆を見つけましょう。少し贅沢感を感じることができバリエーションも豊富な鎌倉納豆もおすすめです。

 

 

たくさんの健康法がありますが納豆は整腸効果をすぐに感じられる上に手軽でローコストです。ランニングをさぼって筋トレにも気が乗らないときは納豆食べて手軽に健康になりましょうー。

 

 

 

 

 

  
シューズ
大会、アイテム、他
ランニング本