サブ4とは?

サブ4を達成するとマラソン大会のことをレースと呼び始めます。サブ4(サブフォー)とは?


sub4h-time

サブ4とはフルマラソンを4時間切りで走ること。月に100〜200km走っても必ず達成できるとは言い切れませんがこつこつと走り続ければ着実に近づいてくるのがサブ4。一般ランナーにとっては決して簡単ではありませんが頑張ればなんとか達成できる絶妙な目標タイムです。

 

サブ4達成ランナーの割合は?

東京マラソンの結果によると4時間未満のランナーは上位24%くらい。その24%には2時間台の実業団や元陸上部といったランナーも含まれます。

 

4時間00分ぴったりはサブ4?

サブは英語のSubで「下」のような意味になります。「以内」だと含まれて「未満」だと含まれないのは確かですがどちらになるのかわかりません。まずはぴったりタイムを喜んで次の大会で3時間台を達成しましょう。すぐそこです。

 

ネットで3時間59分もサブ4?

スタート号砲からのタイムがグロス、スタートラインからのタイムがネットです。どちらもサブ4はサブ4ですがゴール付近で3時間台のタイム表示を見て興奮できるグロス達成がおすすめです。グロスで達成するとタイムを聞かれたときに「ネットで」とか「ネットとは」と正直に前置きを付けたくなる手間も省けます。

 

サブ3、サブ3.5、サブ10とは?

サブ3は3時間、サブ3.5は3時間30分になりますが、サブ10はトップアスリートが狙う2時間10分切りや100kmウルトラマラソンでの10時間切りを意味します。

 

マラソン大会のGOAL付近でサブ4ランナーを見てみると老若男女を問わず健康そうな体をされています。健康バロメーターとしての定期的なサブ4達成、おすすめです!

 

 

マラソン大会一覧

サブ4おすすめシューズ比較

ぎりぎりサブ4を達成するおすすめペース配分

サブ4達成に役立つおすすめの3冊

 

 

 

  
シューズ
大会、アイテム、他
ランニング本