ミズノ ウエーブライダー 25、NEO 2


熟成された25を選ぶか、極上のNEOを選ぶか、はたまた両方選んで履き分けるかの三択です!

 

ウェーブライダー 25

特徴

1997年からスムーズな走り心地を追求し続けて現在に至るのがウエーブライダーです。

一番の特徴はMIZUNO ENERZY。ミズノが生み出した新しいミッドソール素材で、柔軟性が約17%向上しながら反発性も約15%向上しました。ウエーブライダーはクッション性と反発性のバランスの良さから守備範囲が広く、サブ5向けともありますが、ぎりぎりサブ4を狙う方はもちろん、余裕でサブ4で走れる方にも人気のある守備範囲が広いシューズです。

今度の週末はウエーブライダーを履いてさわやかに走りましょう。

 

ミッドソール

かかと部分に搭載されたパラレルウエーブによって、衝撃を緩和するだけではなく横ブレの低減も実現されています。

 

アッパー

ステッチが使われていないことによって、スムーズな走り心地を得られます。

 

アウトソール

縦方向の溝によって、スムーズな体重移動が実現されています。

 

色デザイン

シューズの機能を活かす為にサイズは0.5cmの違いにもこだわって選び、快適ランニングを心地よく楽しみましょう。

ウエーブライダーには足幅ワイド版も選べます。人気シューズなので新色の追加も期待できます。

 

メンズ

 

レディース

 

 

ウェーブライダー NEO 2(ネオ)

特徴

ウェーブライダーにプレミアムモデルとしてNEOが追加されました。通常版との違いはMIZUNO ENERZYが踵だけではなく全面に取り入れられている点です。足裏前部の反発性も向上する為、ウェーブライダーでは物足りないと感じる方やサブ4ペースの5分30秒/km以上で走るときにはNEOがおすすめです。新しいミズノの反発性を足裏で感じながらさわやかに走しましょう。

 

ミッドソール

ソール全面に搭載されたMIZUNO ENERZYによる反発性でサブ4ペースでも走り易くなっています。通常版と同じく、かかと部分のパラレルウエーブによる衝撃緩和と横ブレの低減も実現されています。

 

アッパー

ウーブン素材にアップグレードされており、より高いフィット感を得られます。また、履き口をハイカット構造にすることで、包み込むような足入れ感を得られます。

 

アウトソール

グリップ性に優れた「G3ソール」にアップグレードされています。地面を捉え易く、蹴り出す際の力の逃げが軽減することで速いペースでも走り易くなります。

 

特徴がよくわかるNEO1の動画です。

 

色デザイン

メンズ、レディース

 

 

ウエーブライダー、マツダの車のような魅力を感じる好きなシューズです。GT-2000は定番過ぎるという方やBostonは足型が合わなかったという方におすすめのモデルです。

 

アシックス GT-2000 ニューヨーク

adizero Boston

マラソン大会一覧

 

 

 

 

 

シューズ

アクセサリ、他