ナイキ エア ズーム ペガサス 40

先進性はもちろん1983年から続くロングセラーモデルならではの安心感も得られる人気シューズ、おすすめの一足です。


ペガサス38(2021年4月発売開始)

ペガサス39(2022年4月発売開始)

ペガサス40(2023年4月発売開始)

ペガサスは1983年から続くロングセラーモデルならではの安心感と同時に先進性も得られる「あらゆるランナーのためのシューズ」です。

ソールがリアクトフォームとズームエアユニットの組み合わせで構成されており、クッション性と反発性のバランスが良さが実現されています。ゆっくりペースと速めのペースのどちらでも走り易く、サブ4ランナーには普段のランニング用と大会用にペガサスを二足用意することをおすすめしたいくらいのシューズです。

 

ペガサス 40(2023年モデル)

特徴

ニュートラルタイプのサポートです。ヒールストライク走法でもフォアフット走法でも走り易いシューズです。

Nike Reactテクノロジーによる心地よい反発がいつまでも続きます。

前足部と踵部の両方に搭載された2つのZoom Airユニットにより、弾むような履き心地と、蹴り出し時のエネルギーを実感できます。

基本的なコンセプトは40でも維持されています。一番の改良点は中央部分のバンドで締め付けられる感覚がない程度にほどよい固定感を得られます。どのような形状の土踏まずでもフィットし易く、シューズの重さが気にならなくなるほどに一体感を得られます。

 

色デザイン

人気があるぺ40にはペガサスはつま先部分にゆとりを持った作りになっています。ワイドモデルもあります。例年どおり別カラーモデルの登場も期待できます。サイズは0.5cmにも妥協せずにこだわり、気持ちよく走りましょう。

 

ペガサス 39(2022年モデル)

特徴

ズームエアがヒール部分にも搭載され、ゆっくりペースでさらに走り易くなりました。

足の甲部分が新しいエンジニアードメッシュに変わり、軽さ、通気性、耐久性、サポート性が強化されました。

シュータンとかかとの周りにパッドが追加されて快適性が増しました。

フライワイヤーと中足部のバンドにより、紐周りのフィット感が向上しました。

かかと周りのソール形状が変わり、安定性が増しました。

フィット感と安定性の向上を感じられます。新しいエンジニアードメッシュ、フライワイヤー、ソール形状の恩恵です。シューズの重さも気にならなくなりましたす。キロ4分台、5分台、6分台、どのペースでも走り易く、「あらゆるランナーのためのシューズ」が真に実現されています。

 

色デザイン

 

歴史が詰まっていながら最先端の新しさも感じるところにナイキの魅力を感じます。しかもかっこいい。

 

ランニングシューズ おすすめ比較

サブ4 おすすめシューズ比較

マラソン大会一覧

 

 

 

 

シューズ

アクセサリ、他